第1回定例会 予算審査(抜粋)2020年2月

2020_0228.jpg

1.町内会制度の継続性について提案  

【佐藤幸雄議員】住民自治組織である町内会制度の継続性は大変に重要であると私は考える。町内会組織を今後も推進するにはセーフティーネットで支える仕組みづくりを強化すべきである。今後の取り組みについて伺う。

【市民局長】町内会は、地域コミュニティの中核として、安全・安心で住みよい地域づくりを支えている、本市にとり大変重要な存在である。
制度を継続する上での役員の担い手確保は、大きな課題であり、これまでも様々な取り組みを行ってきた。若い世代を含めた町内会への参加促進についての成功事例などを町内会同士で共有していただくとともに、町内会の運営が将来に向けて円滑に継続していくよう、引き続き、支援に努めてまいりたい。


2.難聴者への窓口支援策を提案

【佐藤幸雄議員】対話支援スピーカーは超高齢化を迎える本市における、難聴者のストレスを軽減し、また職員の対応効率の改善につながると考える。窓口サービス向上のためにも更なる活用を求める。所見を伺う。

【健康福祉局長】窓口対応においては、円滑な意思疎通のもと、相互の理解が不可欠であり、高齢者をはじめ耳の聴こえにくい方に対する口頭での説明においては配慮が必要であると認識している。
これまで、各区においては、大きな声で話す必要がある場合は、支援スピーカーを活用するほか、相談室に案内するなどの対応をしてきた。今後も、機器を有効に活用できるよう設置場所や周知の仕方など工夫をしてまいりたい。


3.公立中学校の奨励服(制服)の適正価格を提案

【佐藤幸雄議員】公立中学校に通うご家庭の負担軽減を私は進めるべきと考える。
リーズナブルで性能が良い商品の情報を公平に教育委員会から学校側へ伝えることが出来ないのか。
また、LGBT(性的少数者)の課題もあり、スラックスを一部の学校ではすでに揃えており、今後すべての公立中学校で検討すべきと考える。併せて所見を伺う。

【教育指導課長】素材に何を選ぶかによっては、現在使用している奨励服と同じような品質で、価格を抑えられるとの情報もあることから、このことも踏まえて検討するよう、合同校長会等を通して、各学校へ働き掛けてまいりたい。
また、LGBTへも配慮し、例えば男女ともにスラックスを可とした奨励服を採用している学校も増えてきていることから、更に、契約更新の際に、そのような配慮も行うように各学校へ周知をしてまいりたい。

鶴が丘1丁目安全対策 2020年2月27日

  • 2020/02/27 21:21
  • Category: 実績
申し入れ:2019年9月11日
整備完了:2020年2月27日

2020_0227_1.jpg
2020_0227_2.jpg

新型コロナウイルス感染症に伴う緊急要望書提出 2020年2月25日

2020_0225.jpg

仙台市における感染予防に万全を期す為の早急の取り組みについて、郡仙台市長へ緊急要望書を提出しました。


以下、厚生労働省HP 「新型コロナウイルス感染症の影響を受ける働く皆さまへ」資料より抜粋して掲載させていただきます。
(右側資料)
2020_0225_1.gif
2020_0225_2.gif

民間防災拠点施設「ノキシタ」会派視察(仙台市宮城野区) 2020年2月10日

  • 2020/02/10 21:17
  • Category: 視察
2020_0210_1.jpg

災害時の一時避難所(地域の障がい者や保育児など)としての施設

第4回定例会 一般質問(抜粋)2019年12月13日

2019_1213.jpg

1.消防局若手職員の育成について提案  

【佐藤幸雄議員】群馬県渋川市の渋川広域消防本部(通称)「渋消式 消火法」について視察をしてきた。「目標を設定」することと、上司の「聞く力」が若手職員の人材育成に生かされていた。
若手職員の改革のための提案や意見を言いやすくする環境づくりは、私は必要であると考える。当局での、若手職員育成の取り組み状況について伺う。

【市長】現在、勤続10年未満の職員がおよそ4割を占めるという状況にあることから、若手職員の育成は急務であると認識をしている。ベテラン職員のアドバイスを受けながら、ワークショップ形式で議論する「スタディミーティング」を実施し、業務の改善や職員個々のスキルアップに一定の効果をあげているところである。今後とも様々な工夫を凝らしながら、消防人材育成に取組み、市民の皆様の命を守る災害対応力の向上に努めてまいりたい。

【佐藤幸雄議員】渋消本部では、教育として大規模災害をビデオカメラを活用して技術の継承していた。本市としても経験の継承として、できる範囲からでもよいので「ビデオカメラ」の活用を提案する。所見を伺う。

【消防局長】訓練や消防活動の検証において、実際の映像を用いることは危険予知能力の向上など、若手職員の育成にも効果があることから、検討会等の機会を捉え、技術の継承に努めてまいりたい。


2.大規模災害の事前準備を提案

【佐藤幸雄議員】台風などは事前に被害を予測できる災害であると私は考える。事前の準備で災害を軽減する施策を講ずる必要があり、「排水ポンプや土のう」などを配備することはできないのか。事前の配備をすることで、見える化による住民の不安を解消することや避難をするための準備を加速させることもできると考えるが、所見を伺う。

【市長】台風や低気圧による大雨など,ある程度予測できる災害について事前の準備・対策を行うということは,被害の軽減はもとより,職員体制を含めた効率的な災害対応にもつながっていく。あらかじめ行う準備・対策を改めて全庁的に整理して次の災害時には,それらが確実に実施されるように私自身としても確認をしてまいりたい。


3.防犯カメラの補助事業・センサーライト等について

【佐藤幸雄議員】先月、本市内で40件以上の「車上荒らし」被害が発生し、県警より具体的な注意喚起がなされた。
平成28年、第2回定例会の一般質問にて求めてきた、「防犯カメラの補助事業・センサーライト等」についてであるが、「防犯カメラ」は当時はまだ、モデル事業として行われていたと記憶している。
現在の進捗状況について伺う。
同じく、市営住宅へのセンサーライト等についても、「町内会や関係機関と連携しながら、防犯対策の強化を検討してまいりたい」との答弁であったが、現在の進捗状況について伺う。

【市民局長】地域での見守り活動などを補完するため、防犯カメラを設置することは、犯罪発生抑制の観点から重要であると考えている。
このことから、町内会や防犯協会など地域団体に対する設置補助を、平成27年度及び28年度にモデル事業として行い、翌29年度から制度化したところである。今年度の補助見込みも含めると、これまで31団体に対し、合計100台の助成を行ったところである。
今後とも、犯罪が発生しにくい環境づくりを進めるため、地域の防犯活動支援に取り組んでまいりたい。

【都市整備局】市営住宅において、平成28年以降町内会の皆様からの要望を踏まえて、防犯上有効と考えられる4団地には、
センサーライトを設置した。
また、センサーライトでは効果が期待できない8団地については、夜間常時点灯する防犯灯を設置したところである。
今後とも、それぞれの団地の状況に応じて、町内会と連携を図りながら、防犯対策の強化に努めてまいりたい。

Pagination