平成29年 第2回定例会で一般質問 2017年6月26日

2017_0626_2_20181113155915a0c.jpg
2017_0626_1_20181113155914439.jpg

知的障害者施設・児童クラブ・地域公共交通の取り組みについて訴える!


1.知的障害者の高齢者施設充実は待ったなしの課題   

【佐藤幸雄議員】国が定める現在の制度によりますと、知的障害者の方につきましても65歳を超えた場合、特養ホームにて受け入れを行う事となっておりますが、本市内の特養ホームにて受け入れをされている事例は「少数」であると伺っている。 「入所が進んでいない理由」、状況について、どのように認識されているのか伺う。

【健康福祉局長】介護保険サービスの対象年齢である65才に達する前にグループホームに入居される方が多く、引き続き慣れ親しんだ地域での生活を希望されることも一因と考えている。特養ホームも含め様々な社会資源の活用が、より一層進むよう取り組んでいく。

【佐藤幸雄議員】知的高齢者施設を先進的な取組みで推進している神奈川県厚木市の「厚木精華園」へ視察をしてきた。この施設では、女性だけの住居スペースを設けており、男性は入ることが厳禁となっていた為、中はどの様になっているのかと伺うと、女性らしい部屋(デザイン)となっているとの事。このように女性のプライベートを守る考え方は、預ける親の信頼を築く秘訣でもあると考える。
本市の施設としては、このような女性のプライベート居住空間の確保をどのように推進されているのか伺う。

【健康福祉局長】市内の障害者入所施設の多くは、20年以上前に整備されたものであり、男女別の居住区域とするなどの一定の配慮はなされておりますが、一方で、複数名が居室を共同利用することを前提として設計されており、プライバシーへの配慮は十分とは言えない面もある。
今後、改築などの際には、入所者の状態像に合わせて個室も選択できる施設となるよう働きかけてまいりたいと考えている。

【佐藤幸雄議員】視察先では、入所者と親族のご意向に対応していく終末期及び看取りについて最大の心を尽くされ、今も最大の課題となっていた。親は入所しているお子さんより先に亡くなる事を覚悟し、残されたお子さんを祈るような気持ちで施設に託していることを改めて感じた。この親の心に思いを寄せて取り組む仕組みづくりを、今後本市で検討し推進すべきであると私は考える。
当局の所見を伺う。

【健康福祉局長】これまでもご本人やご家族に各種審議会等の委員として参画していただいているほか、意見交換の場を積極的に設定するなど様々な機会を通じて思い、声を伺い、各種施策の展開につなげてきた。今後とも、こうした姿勢を大事にしながら、一層の施策の充実に努めてまいりたい。

【佐藤幸雄議員】本市として知的障害者の高齢者施設の建設を計画している方への寄り添った対応、例えば、建設区域の緩和等、また本市独自の補助も検討すべきであると考える。当局の所見を伺う。

【健康福祉局長】建設区域については、一定の条件のもと、市街化調整区域への整備も認めている。障害者、高齢者のいずれの施設についても、必要な方が支援を受けられるよう、次期計画において適切な整備目標の設定に努めていく。 


2.放課後児童クラブの待機児童を解消すべき

【佐藤幸雄議員】地元小学校に通いっている児童の居場所づくりのためにも是非、学校の空き教室を最優先に受け入れ調整スペースとして活用できなのか。所見を伺う。

【子ども未来局長】サテライトの整備にあたっては、児童の安全・安心確保の観点から、学校施設を最優先に検討することとしており、昨年度整備した32学区のうち21学区について、小学校の協力のもと、学校施設を活用したところである。 今後とも、教育委員会と緊密に連携し、学校施設を積極的に活用しながら、必要な受け皿を確保してまいりたい。


3.新たな交通施策の「見える化」を推進をすべき

【佐藤幸雄議員】本市営バスを今後維持するためには、第1回定例会でもご提案した「乗合タクシー等」の
代替施策について、ご当局からも「検討する」との答弁であった。定期的な期間で市民の皆様に示せるスケジュールを示すことで本市の地域公共交通の「見える化」を行い、不満、不安が少しでも解消できるのではないかと考える。当局の所見を伺う。

【都市整備局長】今年秋の実態調査(パーソントリップ調査)の実施に向け、県をはじめ関係機関と具体的なスケジュールの検討を進めているところである。調査結果を活用できるまでには、1年半から2年程度の期間を要するものと見込んでいる。市民の生活を支える交通の確保は本市にとって大変重要な課題であり、パーソントリップ調査等の基礎的調査や他都市事例の研究などを通じ、それぞれの地域における対応について実現可能性を十分に検討していく必要があるものと認識しており、そのためにもまずは基礎的調査など当面の取組みに力を注いでまいりたいと考えている。

南光台南1丁目24-20付近 カーブミラー再設置 2017年6月26日

  • 2017/06/26 14:33
  • Category: 実績
6月7日  調査
6月26日 完了

撤去されたカーブミラーを「見通しが悪くなり危険との声」頂き、再設置致しました。
これからも皆様の「声」の実現に全力で取り組んで参ります。

2017_0626_3.jpg
2017_0626_4.jpg

松森刺松9付近 カーブミラー設置 2017年6月26日

  • 2017/06/26 14:32
  • Category: 実績
4月10日 調査
6月26日 完了

見通しが悪い「T字路」へカーブミラーの要望を頂き設置致しました。
これからも安全対策をしっかり推進致します。

2017_0626_1.jpg
2017_0626_2.jpg

泉中央4丁目公園 階段手すり整備 2017年6月8日

  • 2017/06/08 14:26
  • Category: 実績
3月24日 調査
6月8日 完了

腐食していた「手摺」の補修の「声」を頂き、整備致しました。
これからも皆様の「声」の実現に取り組んで参ります。

2017_0608_1.jpg
2017_0608_2.jpg

Pagination